www.chinesestoriesplatform.com
今日は為替の市場についての基本的要因に関してのエピソードです。為替取引というのは「直に金銭の送金をすることなく金銭の受け渡しの目的を為すやり取り」を言います。日常的に為替市場は大体国際為替について示すという場合が普通です。外為とは二国間の貨幣の交換のことを言います。他国へ旅行(イギリス、台湾、タイ、アメリカ)をしたことがあれば為替の取引の経験があると思います。近くの銀行に行って外国の金銭と交換をしたのであれば、それは外為なのです。為替相場とは何かと言うと買いたいと思っている人と売る人の額を示したものです。銀行の取引の末に確定されるものです。それはマーケットメイカーと呼ばれる世界中で指定されたたくさんの銀行なのです。為替のレートは周りからの見えない力を受けて引き続いて時間とともに変動して行きます。為替のレートを変化させて行く引き金としては、ファンダメンタルズがあります。ファンダメンタルズが示すのは経済動向、経済の基本や様々な要素のことを表すものです。その国における経済の拡大や経済指数、物価水準、金融緩和政策、経常収支、失業者の割合、有力者の発言等のものが絡んで為替相場は変化するのです。この中でも国際収支や失業者数は重要と言われます。外国取引の収支は、日本では財務省からの用命で中央銀行(日本銀行)通関統計をベースとして作成した外国との一定期間の取引を記したものです。これは行政機関や日本銀行のホームページなどで開くことができます。雇用者の統計、無臭業者数も影響することが多い原因だと言われます。中でも米の就職者の統計はポイントとなります。月ごとに提示され調査のねらいが広範なことが特色です。為替の状況はその国の経済の状況を示しているのです。経済活動の動向を知ることで為替の変動予測ができると言えるでしょう。