www.chinesestoriesplatform.com
外国為替市場介入(為替介入)という言葉をご存知ですか?日本銀行が介入して新聞、TV、ネットなどのニュースで見たみなさんも多いでしょう。初めから為替介入(外国為替平衡操作)とは日本においては、◯財務大臣が円相場の安定化を実現させるために遂行する手段ということで見なされています。簡潔に言うと、かなりの円高・円安の時に財務大臣の命令のもとに中央銀行である日銀が日本円を売買することで為替の相場を安定させるといったものです。為替介入(外国為替市場介入)とはいくつかやり方があるのです。1.単独介入・・・政府や日本銀行が、東京市場の中で自主的に市場に入って介入を行なう。2.協調介入・・・いくつもの銀行などが協議したうえで、各銀行などが資金を使い同時期にないし引き続いて外国為替市場介入(為替介入)を行なう。3.委託介入・・・他の国の銀行などへの為替介入(外国為替平衡操作)をお願いする。4.逆委託介入・・・日本銀行が他の国の銀行などと代わって為替介入を遂行する。この通りやり方です。どの種類の外国為替平衡操作(為替介入)も一時的に、または引き続き為替の市場に多くのインパクトを与えると思います。為替の介入の金額はやはり国の面目をかけているだけに桁違いです。円ベースで説明すると、いつもは数銭単位で変動しているレートがいきなり数円単位の動きをするのです。個人の投資家の人であれば一度は経験があると考えますがこれまでは問題なく利益(もしくは損失)が増えている持ち高を持ち続けていたところで、持っているポジションが決済となりましたと連絡がFX業者の人間よりメールが来ました。どれだけ利益が出たのかな(損益が出たのかな)?と考えつつ決済の報告を確認すると自分で考えていた事とはまったく逆の事態でびっくりしてしまうという例があったのです。為替の介入が行われた時に多く聞いた話です。以上のように為替介入(外国為替平衡操作)が行なわれると、為替市場のトレンドと反対の動きをするものです。さらに動く金額の範囲はかなり大幅に動きますので注意が必要なのです。